いじめ・いやがらせに関する労働相談

労働問題に関するご相談なら先ずはこちらから 無料電話相談実施中 法律全般OK 労働問題以外の相談も受け付けております。詳しくはこちらをご覧下さい。

セクハラ

女性従業員が従事する職場で、女性従業員の意に反する性的な内容の発言や性的な言動を行い、その対応により、解雇・降格等の不利益を受けたり、女性従業員の就業環境を悪化させ、能力の発揮を阻害することをセクシュアル・ハラスメントといいます。セクハラ行為は、加害者本人の責任だけでなく、使用者の対応如何によっては、使用者責任を問われることもあります。
詳しくはご相談ください。その他セクハラ・パワハラに関する相談は、「労働問題Q&A」にも掲載しております。

パワハラ

上司等による嫌がらせ行為をパワハラといいます。セクハラと同様に、パワハラ行為を認識しながら、それに対応せず放置した場合、企業側は職場環境調整義務違反に問われ、加害者だけでなく、企業側にも使用者責任等が問われることもあります。被害者が受けたパワハラにより精神的疾患等になれば、治療費や休業損害等の損害賠償責任を負うことも考えられます。詳しくはご相談ください。その他セクハラ・パワハラに関する相談は、「労働問題Q&A」にも掲載しております。
法律相談専用ダイヤル 052-971-5270 受付時間【平日・土日】9:30〜17:30
※利益相反禁止により相談をお断りする可能性があります
※東海三県(愛知・岐阜・三重)および浜松周辺限定

重要なお知らせ

新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態宣言が一部解除されたことを踏まえ、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の事務所では初回面談法律相談の受付を再開いたしました。引き続き感染予防対策を実施して参ります。詳しくはこちらを覧ください。
【当事務所の感染防止対策はこちらをご覧ください】